花保存加工の店ハナコ  

0

HOME | プリザーブドフラワー加工適応表

プリザーブドフラワー加工適応表


いただいた花を残したい。この花はどうかしら!?
プリザーブドフラワーに加工できる花、できない花を表にまとめました。

この他にもお花は沢山の種類がございます。加工したいお花や不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください

例えばシャクヤクは無理と書いてあっても、6.7部咲の新鮮な採りたての、あまり大きくないシャクヤクならある程度綺麗にできます。 が、花びらが薄い花であるため、仮に上手くできてもその後の持ちが悪いかも知れません。 どれくらい持てばいいのかも人それぞれかと思いますのでその都度お問い合わせいただきますようお願いいたします。 桜の花も加工できると言われますが、花びらが薄いため加工後の持ちはどうでしょうか。葉も同じで一瞬綺麗にできたように見えても持ちが悪く 花と合わせて飾るならフェイクがおすすめです。当店は安っぽくならないようにグリーンを選んでいます。

プリザーブドフラワー加工できる花、出来ない花の表になります。

市販されているプリザーブドフラワーは加工に最適な時期に摘み取りすぐ加工を開始します。 皆さんが花屋で購入する花は、生産者→市場→花屋となっており、すでにスタートラインが違います。時間が経過した花は綺麗にできないことがございます。

一般的にバラは出来るとなっております。 プリザーブドフラワーの利点は赤バラは真っ赤に、白バラは真っ白に仕上がることです。 花びらが固まった赤バラは品種改良され散らない花が多く、鮮度が見分けにくいので花屋が長く置いておくことが多いです。

購入時にすでに花屋に長く置かれていた花の場合、プリザーブドフラワー加工加工してもきれいにできないことがございます。

 

葉の加工は出来たとしてもその後の持ちが悪いので加工は承っておりません。薔薇の茎は吸い上げが大事ですので鮮度がいい場合はうまくできます可能性は半々位です。

花びらが薄い花がなぜできない場合が多いのか?・・・それは摘みたて7部咲の花ならできても市場で花屋が購入し皆さんに売るでもう時間が経過しているという事になります。くちゃくちゃになったり、アルコールを使うため半透明になります(鮮度次第)

花びらが厚い花はいいの?・・・花びらが厚いと割れやすく、また花を形成する時もなかなか形を作るのが難しいです、 <.p>ブライダで人気のカラーの花ですが、こちらは初夏から冬に入る前までは、加工すると深いしわが寄った花になる可能性が高いです。色も茶色くなることがございます。

全般に言えることですが、プリザーブドグリーンは長もちしません。研究尽くしている市販メーカーのグリーンでさえ持ちは今一ですので、もちろん当店も加工はしてお渡ししておりません。長く花とともに持たせるが基本ですのでフェイクで対応いたします。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お花のご相談はラインでも受け付けております 友だち追加