花保存加工の店ハナコ  

0

HOME | プリザーブドフラワー長持ちエピソード

FAQ加工したプリザーブドフラワーはどれくらい持ちますか

本当に一番よく聞かれる質問です
【加工したプリザーブドフラワーはどれくらい持ちますか?】
のエピソードになります
加工の際のご参考になれば幸いです
【どれくらい持つのかというは綺麗な状態のことです】
と言われますが、
この意味は,とても深いと感じます

長持ちエピソード3話

【その1】押し入れ奥に15年間ブライダルブーケとブートニア
15年経て店に持ち込まれたプリザーブドフラワーのブライダルブーケ&ブートニア コロナ渦の中、ご自宅を大掃除され押し入れからアッ!発見。
結婚式で使用したブーケ時のそのままで残してあり、大きくて飾る場所を思案して、そのまましまっていました。 配偶者の女性がもう捨てたらと言ったそうですが、旦那様が当店を見つけてリメイクをご希望されました。 15年間押し入れ奥に入れて置いたら、光も当たらず気温もさほど変化もなくその結果、色も形も綺麗で新品のプリザーブドフラワーのようです。 大き目だったサイズからリメイクして24×30cm程度のフレームにブライダルブーケのプリザーブドもブートニアも綺麗におさまりました。新たなスタートの始まりです。 完成品時は、ご来店して下さり手渡しで受け取り、喜んでお持ち帰りくださいました。
【その2】18年間廊下の奥に放置されたブライダルブーケ
ブーケケースは柔らかいプラ製でそれに入れたブライダルブーケを廊下の奥において置いた。 子どもでき、こどもたちが廊下でふざけて走り、箱をつぶしていたり、遊びで体重をかけて横かかっていたりしていた。そんなケア無しブーケ。 ご自宅を新築するので、18年前のブーケを何か別の形でもいいので、思い出の花として飾りたい。 ご持参時の状態は、元は白い花であったそうですが、飴色がかっており一部の花はつぶれ、少しひなびた匂いがしました。 自宅を新築する際にぜひとも飾りたい思い出なので残したいのです。とうことでした。 ブーケの形にするとあめ色が目立つので、思い切って長い入れ物に長細く入れてデザインを完成させました。 匂いは少し陰干ししておさめました。 ご夫婦で完成品を見に来ました。「こんな状態の花を持ち込んで、何か言われるのではないかと心配でしたが、気持ちよく受けてくださりよかったです。とても素敵です。」 と嬉しそうです。ご新居に飾るという事でお持ち帰り下さいました。 前の色と比べると違う色になっても形は残ります。それを生かして飾り直しをされるという、何か素敵な“思い出や気持ち”というものを感じます。
【その3】自分で作った30年以上前のドライフラワー
プロポーズされた娘さんの108本のバラを遠方から車でご一緒にお母さまも来店。 お母さまは、「昔はこんな方法はなかったので自分でドライフラワーを1本だけ作り 今もシリンダーに入れて残してあります。それがまだきれいなのよ」「ね?!」と娘さんへ、 娘さんは「うーん…」。 プロポーズから30年以上のお話になるかと思います。 きっとお母さまの中では今でも【思い出の綺麗なバラ】なんですね。


気持ちという産物に変化するプリザーブドフラワー加工の花。 思い出の花を加工します。 気持ちを預かっている思い出の花。一生懸命、誠実に加工しております。
お花のご相談はラインでも受け付けております 友だち追加